女性をサポート

ヨーグルトを食べるときは蜂蜜を混ぜよう

蜂蜜には高い栄養素が含まれており、砂糖の変わりに使いますと、砂糖よりもカロリーは少ないものですし、脂肪燃焼にも効果があり、甘いものが食べたいと思うときには最適なものとなります。その蜂蜜をヨーグルトと混ぜて食べますと、腸に良い効果を引き出すことができます。ヨーグルトにはビフィズス菌という腸の中で働いてくれるものが含まれており、便秘に悩む人などに良い食べ物といわれています。しかしビフィズス菌は実は、食物繊維を同時に摂取しなければ働いてくれないものなのです。なので、砂糖の変わりに蜂蜜を入れることによりビフィズス菌と蜂蜜に含まれる食物繊維を一緒に摂取することができ、腸の働きを良くしてくれるようになるのです。

便秘にならないようにするための習慣

ダイエットを行なうことを意識するあまり、特に女性の中では便秘になってしまう人が多くいたりします。ダイエット以外でも、ストレスがたまることで便秘になってしまうことがあります。便秘になりますと血流が悪くなって代謝も悪くなっていき、かえってダイエットをしにくい体となってしまいますし、むくみもひどくなることもあります。なので、そうならないようにしていくためにも、普段から腸の働きを良くしていくための習慣は必要なのです。ヨーグルトを食べるときは朝と夜の100グラムずつ摂取すると良いといわれております。そして朝食べるものと夜食べるものはメーカーを変えると、より腸の働きを良くする効果を高めてくれるようになってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加